12月公開予定のファンタジー映画

Pocket

鋼の錬金術師

アニメ化もされた同名コミックの実写映画化。

錬金術の禁忌を犯した結果、片腕と片足を失った兄エルリックと、身体を失ったため、鎧に魂を定着させた弟エルリックの兄弟が、賢者の石を探し求めるうちに国に潜む闇の陰謀に巻き込まれていくストーリー。

ただし、原作コミックでは人種的な問題が人物相関図に割と重要な影響を与えていたのですが、今回の実写化では名前はそのままでキャストが全員日本人という構成。

そのせいもあってか、どうやらスカーは出ておらず、どうやら第五研究所辺りまでのストーリーのようです。

その割には後半のシーンもあるようで、続編は基本的になしの方向のためか、色々と詰め込まれているみたいですけどね。

ダイジェストというよりは、序盤にラストのオチだけつけた構成のようなので、原作やアニメに思い入れがあったり、軍部関係の展開が好きだった人たちは受け付けないと思うので注意が必要かも。

逆に同じ監督の【暗殺教室】のような作品が好きな人なら楽しめるんじゃなかと思います。

鋼の錬金術師
ハガネノレンキンジュツシ
公式サイト
2017年12月1日公開予定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です